SDGsそれぞれが終わったあとの世界をフェスとして表現する​フェスづくりプロジェクト

What's Social Fes?

SDGsそれぞれの課題が達成されたあとの世界を想像し、フェスとして創造するプロジェクトです。1日限りの現実をもって身体的に納得度を確かめ、課題の斥力ではなく、希望の引力から未来の舵を切っていきます。

SDGs

2015年に国連本部で定められた

「世界を変革するための17の目標」。

17のゴールは169の具体的なターゲットから構成され、2030年までの達成を掲げている”人類最初の大きな物語”です。

ⅰ.普遍的

1* 17のゴールのうちいずれかをミッションとして設定している。
2* 上記で選んだゴールから更に詳細のターゲットとなる課題を1つ選び
その課題が達成された世界を想像しコンセプトとする。
3* ミレニアル世代が感覚的に「楽しい」と思える企画である。

 

ⅱ.不可分 

4*選んだ課題は他の課題とも紐付いていることを忘れない。

5* 遊びと学びを区切らずシームレスに体験できる。

6* 意思ある全ての人の参画を受け入れる。

 

ⅲ.変革的 

7* 非日常として終わらせず、日常の行動を変えるよう仕掛ける。
8* 参加者にはフェスづくりワークショップの連絡をしてつくる側へ促す。
9* まずは自分が対象とするSDGsが終わったあとの変化となる。

How to Thinking

Problem

Ex.

SDGs12

Target3の未来をつくろう。

​↓

​”2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品ロスを減少させる。”

Now

Hope

Ex.

フードロスの課題が解決された未来はどんな感じだろう・・?

・顔の見える消費が普及していて食料を廃棄しない意識が向上している。

・地域で必要な分だけ供給され必要な分だけ調達されている(地産地消)

Future

Experience

Ex.

顔の見える消費、地産地消を今できる楽しい体験にするには・・?

・野菜畑でフェス開催。

​畑の横に食材を持たないキッチンカーを配備、食材はお客さんが畑から収穫して持ってきて、できる料理の数だけ人を集めてくる。(生産と消費を0距離にして、フドロスが0のレストラン)

Cross over fiction

Works

SDGs10/2

​サイレントフェス

解放と平等の非言語世界

SDGs17/3

​クォンタムフェス

量子力学的世界

SDGs12/3

​マッドランドフェス

泥を祀る世界

SDGs11/7

​ソーサウンドフェス

誰でも聴こえる世界

SDGs15/5

Neo盆踊り

生物多様な世界

SDGs16/7

KaMiNG SINGULARITY​

aiが神になった世界

SDGs13/3

aroma for earth

命の廻りを

香りで巡る世界

Co-Creative

ソーシャルフェスは社会課題に取り組む皆さまと一緒に課題の先を想像して実際に1日だけフェスとして創造します。​伝えたい想いを伝えるには体験してもらうのが一番。よりたくさんの人に共鳴してもらうために、これまでにない新たなコンテンツを共に創りましょう。

Fest

Workshop

0からのフェスづくりをサポートするワークショッププログラムです。ファシリテーターとして参画し、新たなソーシャルフェスを生み出し、実施するまでサポートします。SDGsを知る→課題を調べる→解決された未来を想像する→フェスとして創造するというプロセスのなかで、社会起業家精神や実践的なソーシャルデザインスキルを培っていきます。

​対象は高校生以上〜社会人までご要望に合わせてプログラムをおつくりします。

Contact Me

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

© 2018 Ozone LLC.