Ozone

Education

独自のエデュテイメント(Education+Entertainment)型
響育/研修プログラム

ソーシャルデザインとしてのフェスづくり-SF-

衣、住、食、文化、エネルギー、フェスティバルはもう1つの生活とも言えるあらゆる要素によりつくられます。例えば「ゴミのない世界をつくりたい」とか「すべての食材をオーガニックにしたい」とか、つくるには難しい理想もフェスティバルの1日だけであれば実現することができます。

フェスとは理想の未来を一足お先に体験する場であり、フェスづくりとは理想を想像し創造するソーシャルデザイン実習となり得ます。

SDGsの未来をつくる

SDGsとは誰も取り残されない世界をつくるための17の目標です。

フェスづくりワークショップ「 SF」ではSDGsが終わったあとの未来を想像してフェスとして創造します。例えば「富の不平等」という課題が終わったあとの未来は「ベーシックインカム」が世界各国で実現していると想像します。それをフェスのなかで表現し、課題の先の希望を多くの人で共に体験することで理想を現実にしていく速度を加速していきます。

3つのステップ

知る

まずはSDGsを知ります。

その中で取り組みたい目標は何かを考え、具体的な解決策を調べます。

​つくる

選んだ課題が達成された未来を想像して、それをどうやったら今体験できるか考え、フェスをつくっていきます。

確かめる

実際にフェスを開催します。

思い描いた未来がそこにあるかどうか、そして現実と理想の距離はどれくらいあるのか、確かめます。

​例えばこんなフェス

SDGs12/Mud Land Fest

Target : 3

コンセプト”野菜が生まれた場所に埋まりに行く超オーガニックフェス”

想像した未来のキーワード

​「顔の見える消費」「地産地消」

参加者の感想

1/4

期待できる効果

学生

【社会起業家体験】

SDGsを知り、選び、プロジェクトを進めて社会へ発信していくことは、自らの新たな指針を発見していくきっかけになるでしょう。そして実際にフェスをつくったという小さな一歩はこれからの強靭な活力になっていきます。

社会人

【新卒研修として】

フェスづくりは企画、営業、経理、デザイン、マーケティング、マネジメントなどなど実践的なスキルの殆どが含まれるグループワークとなります。人材アセスメントとしてはもちろん、まだ見ぬ世界をチームでクリエイティブしていく体験は企業のイノベーションを促進させます。

サイレントラーニング

本当の自分を解放していく、ワイヤレスヘッドホンを使ったプログラムです。周りから見ると無音に見えるため、どこでも開催が可能です。非言語コミュニケーション、ヨガ、禅、あらゆるメドッドをMixし、拡張したがっている自分の静かな部分と向き合い、社会に発露していく状態を整えていき、最後は音楽の力を用いてすべてを解放します。

3つのステップ

​関係を整える

空間のルールを共有し

入念なアイスブレイクを通して

​安心できる関係性をつくります。

環境を整える

様々なボディーワークを通して

自由が保障された環境を醸成し

​共有していきます。

​解放する

音楽を用いて

個と全の関係を曖昧にし

圧倒的に解放された時間の中で

​真の自分を発見します。

参加者の感想

1/4

期待できる効果

学生

【正しさからの解放】

みんなにとっての「普通」でいることに慣れてしまうと、自分の内側と向き合えず、本当にしたい決断ができなかったり、世の中を生き辛く感じてしまいます。サイレントラーニングでは、ある種の正しさらしきものから解放し、ただの自分と向き合う時間をつくることで、自然に生きる体験をしていきます。

社会人

【真のチームとして】

ヒエラルキーを超え、柔軟で直感的

なアイディアをいかに拾える組織であるかが、企業の1つの価値になってきています。集団に音楽は不可欠で、歌がない民族は世界に1つもありません。音楽を通した本質的なチームビルディングの機会をつくります。

​オーダーメイド研修プログラム

企業やプロジェクトの課題解決のための研修、ワークショップ
プログラムを
オーダーメイドで作成いたします。

丁寧なヒアリングを通して本質的な課題と、味わうべき体験を抽出し

​それに沿った時空間をデザインしていきます。

Producer

​雨宮 優

Ozone合同会社CEO/ソーシャルフェス®デザイナー/リーダーシップファシリテーター2級

学生時代にファシリテーターの資格を所得、マネジメントに関する独自のプログラムを開発し企業や学生団体の研修を行う。新卒で人材大手に入社後”現代の駆け込み寺”型シェアハウス「リバ邸」を横浜に設立し約半年で退職、その後日本初の「サイレントフェス®」プロデュース事業Silent itを開業する。全国で企画プロデュースを行い、2016年にOzone合同会社を創業。国連本部で合意された17のグローバルゴール「SDGs」が終わったあとの世界をフェスとして表現していくプロジェクト「ソーシャルフェス®」を始める。銭湯フェス「ダンス風呂屋」や顔の見える消費の豊かさを体験する泥フェス「Mud Land Fest」など、エンターテイメントを入り口にソーシャルアクションを出口に仕掛けたフェスを計100回以上開催し、フジテレビ、NHK、日経新聞など多数のメディアに特集される。また伊勢谷友介が代表を務めるリバースプロジェクトの参加型民主主義を提唱する研究所「Cloud Goverment Lab」にも所属。フェスづくりからソーシャルデザインの大衆化を狙い、エンターテイメントと教育の領域を行き来して大学やシンポジウムなどでも多数講演を行う。

【講演実績】

岩崎学園情報科学専門学校-キャリア論についての特別授業/ 京都大学人文研アカデミー-若者論についての特別講演/横浜商科大学-イベント企画についての特別授業/香里ヌヴェール学園-総合特別授業/NewYorkArt職能学校-ソーシャルデザインについて特別授業/Start up weekend Yokohama-ゲストスピーカー.審査委員長/北海道由仁町主催「地方創生フォーラム」-フェスと地方創生について登壇/ NPO法人ブラストビート-ゲストスピーカー / 株式会社Under the Light-企業研修 / ソトノバTABLE-パブリックスペースの活用法について講演/WWF主催EARTH HOUR登壇/ EARTHDAY東京オフィシャルトークテント登壇/ etc..

 

【出演、掲載実績】

フジテレビ/NHK/TBS/TOKYO MX/日経新聞/朝日新聞/読売新聞/東京新聞/中国新聞セレクト/デーリー東北/徳島新聞/高知新聞/北國新聞/信濃毎日新聞/神戸新聞/ヨコハマ経済新聞/J-WAVE/FM TOKYO/コンフィデンス/SKY MARC機内誌/TheRecord/AERA/bouncy/HUFFPOST/はやり言葉辞典/AFPBB etc...

今後の流れ

01

お問い合わせ

​まずは下記お問い合わせフォームよりどのプログラムをご希望か、また日程や規模感、期待することなど現状分かる範囲の情報を記載しお問い合わせください。

02

お打ち合わせ

更に詳細をお伺いさせていただき、ご予算に併せてプログラムをデザインしていきます。

03

実施

​ご希望のお日にち、場所で研修/ワークショップを実施いたします。

お問い合わせ

© 2018 Ozone LLC.